Me! **逗子でのウインドサーフィンと私のまわりと頭の中のコト**

神奈川県・逗子にあるウインドサーフィンスクール“フェザーファクトリー”での日誌、そして大好きな人やモノ・時にハプニングを書いていきます
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) -- --:-- | スポンサー広告

レストラン SAORI

jparty.jpg


いやー今回は手際が良かったのかなんなのか
前日から仕込みして
今朝も色々順序を考えつつの作業
メニューは
「ジャパニーズカレー」(ただのカレールー使うカレー)
「スシ」(つってものり巻きね。結局材料が無いからパウチされたサーモン、キュウリ、アボカドの“カリフォルニアロール”)
「炊き込みご飯」(でも説明できないから“ベジタブルフレーバーライス”って言っといた。カレーにふんだんに牛肉を使ったから、鶏肉をご飯に混ぜたかったけど止めた。にんじんとインゲンとマッシュルームに関西風出汁の素を入れて炊いただけ)
「てんぷら」(かき揚げ、サツマイモ、マッシュルーム。衣が上手く仕上がらなくても美味しいって言ってくれるところが『この国でよかった…』と思うところ)
と、ハチャメチャな組み合わせだけど
美味しい美味しいって
めちゃめちゃ皆おかわりしてくれたのが超嬉しかったわぁ
作った甲斐あったって感じ。
みんな、来てくれてありがとう
スポンサーサイト

2007/05/31(木) 20 57:08 | NZ(friend) | トラックバック 0 | コメント 2

ビタースイート

今日愛車を売った
てか売れた
超複雑な気分=ビタースイート
売れて嬉しいけど好きだった車を手放した寂しさ…
この複雑感をそう言うらしい。

日本で安く車買っても維持費が異様に高かったり
駐車場を確保するとか
はたまた駐車場をお金払って借りるとか
色々お金がかかりすぎる…
その点NZは道端で「売ります」って書いてある車をどこでも見るし
安いものでは1500ドルぐらいとか、
てかピンからキリまで色々。
まぁ、駆け引きみたいな部分もあるけどね。
半年に一度の車検と
3ヶ月分、半年分、1年分のどれかから選んで払う
いわゆる登録代(レジストレーション)の基本この2つきちんと行えばOKだし。
さして高くないしね。
車のオーナーチェンジも買ったときに貰う紙を保管しといて
売ったら売り手と書いてのサインをして郵送で送るだけ。
終わり。
値段交渉も各自。
かなり簡単。

ま、とにかく
もう何処にも自分でいけないしなぁ~
はぁ。。。さみし
2007/05/28(月) 21 06:01 | NZ | トラックバック 0 | コメント 3

長かった…水なし生活

昨日、とうとう私達は水を買いました
飲料水用
調理用
シャワー用
手洗い用
トイレ用
あと何だっけ
洗濯用
掃除用
食器洗い機用

つまり
トラックで水を買いました
何かっちゅーと
大型のトラックが(イメージ的には日本で見るガソリンスタンドにガソリン運んでくる、あーゆー形のやつ)
家にやってきて
貯水タンクに水を入れるのさっ

ほんと、家の敷地内の丘を下ったところにある川から
バケツ2杯を持って上がるのは
結構な運動で。
飲み水がその後必要だね
と言うことだったけど
何となくそこで水飲んだら
「大事な水が…」と気が引けた

と言うことで、日本でシャワーに時間をかけていた私も
今回本当に学んだよ
「水は大事だねぇ」
丘をバケツ運びながら私はアフリカの映像(あふりかだけじゃないんだろうけどイメージ的にね)で長距離を若い女の子や子供が頭の上にたらいを乗せて歩くシーンが浮かんだ
そして
「あの人たちはタフだなー」と
マジで。
あんなに大変なことしてるんだから
そりゃぁ、水の大事さをよく知ってるだろうに。
そんな事何も考えず
ひねったら出る水が当たり前になってる先進国じゃぁ
もしもの時、人はパニクるだろうな

あぁ、そうそう、
トラックがやってきて「ひゃっほーーーーい」って言ったにもかかわらず
水道から水が出なかった…
12時頃やってきた水はその後5時間かけてやっと。
というのもモーター使って貯水タンクから
水を引き上げ(貯水タンクよりも家の位置が上なので)ないと水が引けないんだけど
なかなか動いてくれなかったんで
パパとママの友達の旦那さんが必死で数時間試行錯誤で試した結果
夕方に水道から水が!
家族中ハグ。

食器を洗うことも
料理に水を使う量の事も考えず夕ご飯が食べれて
一週間前に洗濯中に水が無くなって洗い途中の洗濯も終え
トイレはボタンで水が流せて
歯磨きも台所でコップに飲料水を汲んで行かずに済むし
手も一回一回水と石鹸を使って新しい水で洗えるし(無い時は水を溜めてそこに石鹸水を作ってそれで洗い→次もその水で洗う…ってことをしてた。勿論、泡の付いたままタオルで拭くの)

ま、とにかく
水が無いって事はそんだけ試行錯誤して
水があるってことは本当に素晴らしいことなんだと
実感です
2007/05/26(土) 22 31:06 | NZ | トラックバック 0 | コメント 2

泣けるって素晴らしい

朝、オークランド市内で
magic Bus で知り合ったアネットと待ち合わせ。
彼女、今朝夜行バスでウェリントンから到着したんだけど
お互い会いたかったから。
あいにくの雨。
しかし我が家にとっては超大事な雨の日(とうとう、一昨日貯水タンクが空になった…シャワー浴びれず、お茶等の飲料水兼料理用兼葉磨き用の水は友人宅で拝借、トイレと手洗いの水と皿洗い用の水は敷地内にある川(しかも結構な斜面を下るルートを通る)でバケツ。なので雨重要)だけど
せっかく2人で会うのに雨かぁ…何する?って感じだったけど
とりあえず、行きつけミッションベイでランチして
市内戻ってお店めぐりして
「ねー何する?」って言いながら見つけた
“アイリッシュパブ”へ昼間から入り
ビール。
さすが、アイルランドから来た子だね 笑
コーヒー飲まないんだって…

夜はNOAの従姉妹、いつも遊びに一緒に行ったりしてたTimaと私と1個下、彼女の娘Estaが明日ウェリントンに引っ越すということで
最後にBBQ。
んで帰り際住所や電話番号を全て教えてお別れ。

今日会った3人と私含め
これから新しい生活が待っているけど
その前にお別れしなきゃいけないことも多々。
それに対して涙できるって
超幸せだなぁ~って今日思った。
涙してくれる人が居ることもまた幸せだなって思ったし
でも、新しい生活の先にはまた出会いはあるし
別に悪いことじゃないなって。
ま、分かってるけどさ、勿論別れはさびしいんだけど
人と出会って一緒に時間を過ごせるって最高だね
2007/05/23(水) 22 10:28 | NZ(friend) | トラックバック 0 | コメント 3

早寝早起き

何故か結構あのバスでの旅行中
結構歩く機会があったんだよね
バスの移動時間毎日結構あったはずなのに。
バスが途中で止まって短いトレッキングコースとか
バス降りた後の街散策とか。
街散策…
してた割には山登りとか丘のぼりが多かった気がする。

その中でも
バスガイドの「ココは日の入りも日の出も見られるいい場所だよ」と
言った南島のLake Tekapo(テカポ)でのこと。
「ふぅ~ん」って聞き流してたのに
隣に居たジュリアンが「いこーいこ!!」って
夕食一緒に作る約束してたし、しゃーない山登り…
もひとりジュリアンと同じドイツ人で、その日の朝バックパッカーでバス待ちしてたリサも一緒に。

テカポ湖のふもとにあるMt.John
うちらが登り始めたら、上から帰ってくる一緒のバスだった子達。
「今からどのくらいで登れる?」
「1時間ぐらいかなぁ」

「げ。。。日の入りまで30分しかないのに?!今から登るの?」
と思う私と
「なんで皆、日の入り見ないで戻って来るんだろーねぇ」ってジュリアン。
んで連れられてそのまま登り
ペースが速かったのか何なのか日没前に山頂。
でも結構最後がきつかった様な…

20070522205259.jpg

日が暮れてからも、しばらーく3人でぼーっと山から湖やふもとを見回して。ただ静かなだけで…


帰って3人で夕食作って
リサとシャワー浴びに行って
何故か冷たい水で…悲惨な目にあったけど
寝る前3人で目覚ましかけて
翌朝早起き
向かうは湖畔
朝日を見に

20070522205156.jpg

朝日を見に早起きはこの一回っきりだったけど
雪のかぶり始めた山の間からでる太陽はよかった。


すっかり旅から帰ってきて
布団に入るのは遅くないものの
すっかりだらけて毎朝日が高く上った後に目が覚める…
玉ねぎで働いてた頃の日の出前の出発、丁度日が昇るのを目の前に仕事に向かってた頃が超遠い昔のよう…


2007/05/22(火) 20 59:01 | NZ "magic"bus tour | トラックバック 0 | コメント 2

ピースと坂道と再開

南島ダニーデンにて
20070520012322.jpg
とある坂道、数メートル先を歩く人を撮る、こんな感じ
コレじゃわかんないか・・・

んじゃ、横から見た図
20070520012123.jpg
この2人を垂直に立ってるように見える位置まで頭ずらして見てみてね。どうだ?


20070520012504.jpg
ここ、ギネスにも載ってる世界一急な坂道。
でも家は両脇に隙間無く建ってる。
坂道を上り詰めると飲み水が(水道)。
でもって、別にこの坂を上らなくても両脇に階段もある。

ここで一枚。
20070520012411.jpg
“ピースして写真撮ってみたい”っていうから…
「なんで日本人って毎回コレで写真撮るの?」が
バスの中の話題になったこともあるぐらい…
(バスの中から外を見て)「あ、ほらまたあの人もやってるじゃん!」
って。。。あれ韓国人だから…
「何の意味があるの?」
「なんで毎回コレなの?」
「なんでーなんでー?」
しらぬ。。。
女子高生にでも聞いてみて…

んでもって、この一緒に写ってるJuliane(ドレッドヘアーでピアスいっぱいしてる子。タメ)とは南のクライストチャーチで10日ぐらい前に別れたんだけど
メールのやり取りしてて
「オークランドに金曜入るから会わない?」って
んで、会って来た。
私、車あって良かったなぁ~と思った。
別に深い意味は無いけど。金曜の夜、簡単に電車じゃ行き帰りできないんだもん、市内まで。
別に大した所は行かなかったけど
別れてからの10日分の溜まったmagicバスでの話しが尽きなくて。
次にいつ会うかは全然分からないし
タメだけど立ってる位置は全然違って
彼女は今何カ国目だろ?ずっと旅行してるの。
あと2ヶ国回ってドイツに帰って学校行くって。
そんでお金ためてまたどこかへ。
日本で会うか、ドイツで会うか
はたまたどこか別のところで会うかNZで会うか。
でもいい子、知り合えてよかったと思う1人。

2007/05/19(土) 01 06:44 | NZ "magic"bus tour | トラックバック 0 | コメント 0

お酒で楽しく過ごそぅ

20070517220923.jpg
バスに乗る
旅をする
人に会う
同じ場所を巡る
すると
夜は自動的「飲み行こう」
とか
バスドライバーがその土地お勧め(というよりドライバー行きつけ)の店を教えてくれたりするから
「じゃ、8時にそこで」とドライバーとの待ち合わせもありーの
楽しい時間は朝から晩まで続くのです
毎朝ぐったりしながら
バスに乗ってる若い子達を見ると「…」
毎日そんな彼らを心配するドライバー
「そんなに飲んでサオリ大丈夫?明日バスでぉえってしないでよ」
「全然平気、なんなら1番前で寝ずに1日バス乗るけど」
飲んだら飲まれるなって、マジで。
酔っ払いすぎて財布なくして翌朝バスを見逃してパブに戻る子を見ることも…
(ちなみに↑Franz Josefの“Blue ice cafe”は気前のいい店員さんの店でかなりオマケしてもらっちった♪ピザが最高に美味しかったヨ)


greymouth_022.jpg

グレイマウスと言う場所にある「Monteith’s」ってNZのビール会社の工場見学に皆で行った
多分一般には工場見学だけっぽい(どのガイドブック見てもそれしか載ってない)
20ドルで工場見学とビール試飲とバーベキュー食べ放題がセットになったお得ツアー。
greymouth_028.jpg

私はNZのビール、ココのが1番だと思う!
特に「Monteith’s OLIGINAL」がお気に入り。
7種類もあるから味も色々
ダークもあればライト、ジンジャーフレーバーとか
あとなんだっけ…?
試飲に小さめのグラスを渡されて7種類あるビールを一杯ずつ試す。それで終わり…と思いきや「あとの30分は飲み放題。勝手にやって」との事で…

greymouth_025.jpg
飲みたいものを好きなだけ。
ただし、グラスのサイズは小さいまま
「カウンターに入るときは必ずグラスは空で」
が条件。早い子は早い…


ワイナリーもNZにはたくさん。
特に南島は沢山ヴィンヤード(ワインのぶどう畑)がずっとバスの外の景色って事も。
ワイナリーで試飲会なんてのもmagicはやってて
私が行ったのは北島のウェリントンからネイピアに行く途中にあった
MISSONという会社のワイナリー。
こんなバックパッカー集団が
超ラフな格好してワイナリー。
しかも「ワインテイスティング初めて」って子もいるし
「あ、あのね、お譲ちゃん、テイスティングはごくごく飲んじゃーダメなんだよぉ」と言われる子も。(私のことじゃないよ)
そりゃぁ、でも私二回目だったから
前回連れて行ってくれた友人に感謝。じゃなかったら同じことしてたかも。いい勉強の場でもあったのかな?
説明してくれたオジサンは超いい人で
そんな初心者にもよく教えてくれたし。
保存方法とか空気の触れ合いで味が変わるとかもね。
ここのデザートワインは最高だったので
パパとママにお土産。
ワイナリーは他で買うより安く買うことも出来るらしい。
と言うことで、スーパーに値段チェックに行ったんだけど
このワインが見つからない…

とにかく
ただ飲んだくれてた今までのパブも
こうやってビールの味を工場で覚えたり
ワイナリーで色々知識を蓄えたりで
余計また友達と飲むのが楽しくなったのでしたー
宿はいくら安宿(バックパッカーとかYHAだったとしても)
ワイングラスはあるからねー
スーパーで購入してご飯作るのやめて適当におつまみとお酒で…
なんてこともしばしば。
いやっ楽しかったなぁ~


2007/05/17(木) 22 46:42 | NZ "magic"bus tour | トラックバック 0 | コメント 0

不思議自然現象

自然ていかに“偉大なのか”とか“不思議なのか”とか
日本に居てもそれは感じられるんだけど
この異国に来るとより一層見たこともないものに圧倒されちゃったりして。
結構それが多かったのが南島。
この11ヶ月、北に住み着いて
今回南に行って
「何でもっと早くこっちに来なかったんだろ」と少々後悔した部分も。
しかーし、そう思わせたのは、magic(バス)とそこで出会った
世界中から来た人たちと素敵な時間が過ごせたことにあるのかなぁ~
なんてね。


greymouth_011.jpg
Punakaiki National Park
にある“Pancake Rocks”(パンケーキロック)
幾重にも重なったパンケーキ(日本語だとホットケーキ?)に見えるから…そう?
私的には幾重にも重なったクレープに見えるけど。。。


20070515221533.jpg
Moeraki Boulders
モエラキは地名。ブルダースはこの岩のこと。
見たとおり、丸。マル まる マル まる
潮に削られたとかそんなんで無くて
海水内の成分が何年もかけてこうなったんだって。
私が行った時は結構砂に埋まっていたけど
本などでみたものは本当にボールがうようよ転がってるみたいだった!
ちなみに、プライベートなビーチなのか?(私道って言ってた気がする)ビーチに行くのに$2。



20070515221729.jpg
グラシア。
Franz Josef という西海岸にある場所の氷河。
もう1つFOX グラシアとうい場所もすぐ近くにあるけど
バスはココで一晩ストップなので
私はココで「グラシア・ハイク(氷河登山)」したよ
勿論、超防寒対策して。
ツアー会社引率じゃないと危険なグラシアハイク。
うちらの後を遊び半分で普通のスニーカー、ジーンズ、パーカーで付いて来る若いBOYSがいたけれども
私達は分厚い靴下、ニット帽、手袋、ウォータープルーフのジャケットとパンツをその日着ていた服の上から着て足はブーツにスパイク(全てレンタル、グラシアハイクツアー代に含まれてる)で歩いてるって言うのに…
20070516174916.jpg

感覚的にはブルーの階段を歩いてるって感じなんだけど
自分の周り全部が氷だから信じられない…
しかも“氷河”は未だに流れてるんだよ!



まだまだあるけど限が無いからここまでね。

2007/05/16(水) 17 44:58 | NZ "magic"bus tour | トラックバック 0 | コメント 1

クジラ

この国に来て1番最初に見た日本とNZ関連のニュース
「捕鯨」
私が来て直ぐの去年6月、日本がNZ沖で捕鯨をするというものに対する大批判
ここ最近もNZ沖で再び日本船による捕鯨
しかもその時は
その捕鯨船から出火→捕鯨に対する反対を示す活動家の船に救助されたんじゃなかったっけ。。。?
とにかく、現在日本で未だに日本が捕鯨をしていると知っている人ってどのくらいなんだろ?
個人的意見としては「鯨、何に使うの?」と。
あっさり言っちゃうとそうなるんだけど
鯨を食べてたのは遠い昔
今なんて消費あるの?と思うんだけど…
こっちの人たちが言うに「どうやら“研究”に使うというのが日本側の意見らしいけど(怒)」
何の?
私がこっちに来て知ったのはとある日本の有名化粧品会社は
化粧品に鯨の油を使っているとか。
こっちでも有名で結構アジア人消費者が多いって。
デパート、もしくは免税店で多くのアジア人がそれを購入する姿が目立つ。
逆に欧米人はその鯨問題を知っているので、「そんな会社のものは買わない」という人が多いとの事。

「数の減少してきている動物の乱獲」とこちらでは捉えられているこの日本の捕鯨問題。
もう少しコレについて知る必要があるなと自分で思うんだけど
とりあえず、その鯨を見てきた



kujira.jpg


南島の北部カイコウラという町はホエールウォッチングの名所
あちこちで散々日本の捕鯨に対することを聞かれてたから
行くのがちょっと怖かったのは事実。
「サオリが見て、日本人にあの素晴らしい動物“クジラ”の事を伝えるんだよ」
と言うのもあちこちで言われた。

というか、NZ人のクジラに対する思いは半端じゃないというのが1番身にしみた。

その反面、政府自身は日本からの補助でNZが成り立っている部分もあるので
むやみに捕鯨反対を国自体ですることをしないらしい…結局お金なのね…と。

2007/05/14(月) 19 48:28 | NZ "magic"bus tour | トラックバック 0 | コメント 3

帰ってきたぴょん

2週間のつもりが
20日間になってしまったNZ南北バストリップ
沢山の人間と
沢山の場所と
沢山の出来事に毎日毎日
めちゃ②充実して帰ってきた私

んで一皮むけた感じ?
bungy.jpg

bungy2.jpg

いやー
色々やったけど
コレはクライマックスだったかなぁ~?
北島Lake Taupoでバンジージャンプ

この20日間色々ありすぎて
何から書いたらいいかわからないのが現状だけど
今回旅に使った“magic”というバスはかなりお勧め
と言うことで次回からはそんな事も交えながら
何してきたか書いていきたいと思いまーす
とりあえずは帰宅報告まで
んじゃにー

2007/05/13(日) 13 25:24 | NZ "magic"bus tour | トラックバック 0 | コメント 5

プロフィール

◇◇サオリンゴ◇◇

  • Author:◇◇サオリンゴ◇◇
  • 海辺の町での生活19年
    大学生時代からフェザーファクトリーでウインドサーフィンを始め2年間インストラクターをした後
    1年間ワーキングホリデーでNZへ。
    そして2007年7月よりファクトリースタッフ復帰

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright ©Me! **逗子でのウインドサーフィンと私のまわりと頭の中のコト** All Rights Reserved
Powered By FC2ブログアフィリエイト.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。